葬儀は心の区切りをつけるための儀式

直葬というのは、人が亡くなった際に葬儀を行わず、火葬だけで済ませる弔いの方法を言います。核家族化や、血縁関係の希薄化、一人暮らしの増加によって、現代は自分の死に際してこの方法を希望される方が爆発的に増えてきました。葬儀をおこなうとなると、それなりの費用や労力がかかることは確かですから、世の風潮を見れば無理からぬことなのかも知れません。
しかし、死者を弔う葬儀は、実ははるか石器時代頃からおこなわれていた形跡のある儀式です。宗教観や文化によって死の捉え方は様々ですが、例え違う世界へ旅立つだけのことだとしても、故人と会えなくなってしまうという事実には変わりありません。旅立つ当人にとってはあまり意味のないことのように思えても、残された方にとっては、大切な方とのお別れという巨大な現実を前に、心の区切りをつけるための重要なセレモニーと言えるのではないでしょうか。
時代と共に儀式の形が変化してゆくのは仕方のないことですが、古来から行われてきた、人の魂を想う営みが廃れてしまうのは、何だか寂しいことですね。