故人に合わせた葬儀の形

一番はじめに、葬儀というものは遺族の為でもありますが、主役はあくまで故人です。ですので、故人に合わせた葬儀というものを遺族は考える必要があります。まずは現役世代ですが、この世代は友人や仕事関係など付き合いが多い場合が多いので通常通り告知をして執り行うのが無難となります。故人が高齢である、などの理由であまり付き合いのある方が少ない場合は家族やごく近親者で行う家族葬が良いという事になりますし、芸能人ではよくある事ですが、参列者があまりに多いという事が予想される時は、混乱を避けるという意味も込めて、近親者で葬儀を執り行った後に友人などに別れを告げてもらう「お別れ会」のようなものをひらく密葬というものもあります。葬儀の形は決して一つではありません。故人の要望や遺族の思いによっては自然葬という考え方もあります。ですので、あくまで「主役は故人なんだ」という考え方を持って、それに合わせた葬儀という物を提案していく事が大事です。