葬儀の形態を自由に選べる幸運

葬儀の形態を自由に選べる人は、現在でもそう多くありません。自分の意向通りの葬儀形態が選べる人は、幸運と言えるでしょう。村落共同体が機能していない地域に住んでいても、自由に選ぶというのは、結構難しいものです。人々の意識には、昔ながらの葬儀をするほうが無難という観念が刷り込まれていて、それはそう一朝一夕に払拭されるものではないようです。急にその立場に立たされ、即時の決断を迫られた喪主は、葬儀社のセールスマンの言いなりになりがちです。現在は、さまざまな葬儀プランを設けた新しい会社も数多くできているのですが、そのことをまったく知らないでいる喪主も少なくありません。セールスマンに誘導されるがままという喪主が依然として多いため、まだまだ葬式の適正価格は実現していない状況です。ただ、選択肢が増えているのは事実です。著名人のような、比較的自由に葬式の形態を選べる人々が、従来の形態とは異なった弔い方をすることが増えたため、人々もそうしやすくなっている面はあります。