葬式にかかる費用

葬式を出すにあたってかかる費用というものには、さまざまな要素が考えられますので、いそがしい中ではありますが、少なくとも葬儀社などからはあらかじめ見積もりをとって、よく検討をすることがたいせつであるといえます。たとえば、遺体を搬送するための霊柩車、遺体の処置、棺桶、枕飾りなどの費用は、葬儀を執り行う以前にもすでに発生するものですし、当日に関しては、式場の使用料、位牌、祭壇、遺影写真、仏具、会葬礼状の印刷代、そのほかにも精進落しの食事代、葬儀に招く僧侶へのお布施などといったものがあります。こうしたものをいちいち計算していてはたいへんですので、通常は葬儀社のほうからさまざまなプランを提示してもらった上で、喪主の希望にそったプランを選択し、その費用を詳細に見積もってもらうというかたちをとります。したがって、お布施のように、喪主から直接お渡ししたほうがよいような特別な経費を除いては、葬儀社のほうに後日一括して支払うということになるのがふつうといえます。