葬式の規模を決める

葬式をどのくらいの規模でするかによって、費用は変わります。
まず、どれほどの人数で送ってもらいたいのかを決めましょう。すると利用する会場の大きさも決まります。
なので、どの範囲に葬式のことを連絡するのかを考えることが必要です。あまり交友関係や仕事関係の交わりがなかった人ならばいいですが、社会的地位があった人だと、規模が小さいと本人の意志にそぐわない葬式になってしまう可能性があります。
家族、親戚、親しい友人、遠い親戚、さらには仕事の関係者や地域の人まで幅広く声をかけるのかを考えておきましょう。
最近では家族だけで行う家族葬が増えていて、これだと30人くらいなので小さめの会場で安価に執り行うことができます。ただし、故人が規模が大き目の一般葬を望んでいた場合には一般葬で見送ってあげることを優先したほうがいいでしょう。
家族葬は市民権を得てきたとは言っても、まだ一般葬にしか理解を示さない人もいるので、よく考えて選ぶようにしましょう。